スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LibreOfficeのメニューのフォントがおかしくなった(ボールド体になった)時の直し方

日本語版Windows 7のデフォルトのUIフォントは日本語・英字問わずメイリオですが、メイリオはあまり好きではないのと、そもそも日本語フォントで英字を表示するのはどうなの?ということで、まずはUIフォントをSegoe UI(英語版WindowsのUIフォント)に設定した上で、こちらを参考に日本語はMS UI Gothic互換フォントで表示するように設定しています。

default_UI-meiryo.png
デフォルト時

customized_UI-Segoe_UI+MeiryoKe_UIGothic.png
Segoe UI + MS UI Gothic互換フォント時


しかし、こんなことをやっていると、Libreofficeなんかは…

LibreOffice_UI_ForceBold.png
こんな感じで日本語が強制的にボールド体になってしまいます。
これでは使いものにならないので、早速調べてみると、どうやら置換テーブルを使って、OS側でメニューフォントに指定しているフォントを、LibreOfficeがシステムデフォルトとして想定しているフォントに置き換えてやればいいみたいです。

LibreOffice_replace_font.png
ということで、当環境の場合は置き換え元のフォントを「Segoe UI」にして、置き換え候補をシステムデフォルトの「メイリオ」に設定、参照元だと「常に」のみチェックを入れていますが、そうすると、Segoe UIが画面上だけでなく、印刷までメイリオに置き換えられて印刷されてしまうので、ここでは「画面のみ」にもチェックを入れます。(ちなみに、それぞれの組み合わせのときの置換アクションについては、こちらのヘルプページに詳しく書かれています。)

では。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。