スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【P8Z77-V LX】Virtu MVP 2.0を試してみる

前回の記事でVirtu MVP 2.0に無料アップグレードしたわけですが、ところでVirtu MVP 2.0の機能の1つにHyperFormanceというものがあります
HyperFormanceというのは、内蔵GPUとグラフィックボードを同時に使用することでフレームレートを向上させるものですが、実際どれくらい向上するのかBF4で確認してみました

※一部アプリケーションについて

BF4のように発売されたばかりのゲームやAviutlのようにそもそも想定されていないようなアプリケーションを動作させるには、それぞれ手動でアプリケーションリストに追加する必要があります

■追加方法
virtumvp_setting_02.jpg
タスクバーからVirtu MVP 2.0のコントロールパネルを開いたら、[アプリケーション]タブに移動し、ウインドウ下部の「追加」をクリック

virtumvp_setting_03.jpg
アプリケーションファイルを指定して、フレンドリ名に適当な名前を入力、「H-HyperFormance」にチェックを入れたら「OK」をクリック



■測定環境&測定方法
こちらの記事と同じ
ただし、Virtual Vsync有効時はNVIDIAコントロールパネル内の

・垂直同期

を「3D アプリケーションによるコントロール」に変更し、BF4の設定から垂直同期を「オン」に設定しています

※Virtual Vsyncについては4Gamer.netさんの記事に詳しく書いてあります

Virtu MVP 2.0はd-Modeで動作

d-Mode:グラフィックボード側の映像出力端子にディスプレイを接続、HyperFormance無効時はグラフィックボードが処理を行う
i-Mode:マザーボード側の映像出力端子にディスプレイを接続、HyperFormance無効時は内蔵GPUが処理を行う



■測定結果
Virtu_MVP_2_0_BF4_Benchmark.jpg
※最低設定(1600x900, HF+VV有効時)は描写がおかしくなったため、測定結果無し

どうやら、HyperFormanceを有効にするとBF4の描写がおかしくなるみたいです
bf4 2013-11-30 01-09-04-99

↓なんだか、これを思い出しますw(ペンキで緑化@中国)
china_ryokuka.jpg

■結論
HyperFormanceによるパフォーマンス向上は期待できないです
ただ、Virtual VsyncやQSVを使いたい人にはいいかもしれません

では
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。